読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究者ってそんな狭いの?

職質アンチパターン:研究に対する情熱や愛が死んだ

edggar's field:承認欲求で研究者になれません

 

以上のエントリーを読んで思ったこと。

世の中の研究者っていうのは、一切周りから評価されず、研究のノイズとなるとなるような雑務を押し付けられ、自分の研究への理解が全くない状態でもやる気満々で研究してるのか。

 

ていうかそういうことを是としないと研究者とはいえないのか。

これらを満たすことのできる研究者って何人いるんだ。

 

下のエントリーは承認欲求では研究者になれないと言っている。

研究者は無心で研究できる者じゃなければならないっていう空気が怖い。

たしかに承認欲求だけではなれないとは思う。でも、評価されないからどうしたっていう圧力は異常だ。

基礎研究の地位の向上を目指す人達は大変だな。身内からですら研究者は評価されなくても続けろと言われるんだから。

 

研究のことを考えるなら評価される場はちゃんと用意するべきだ。研究に対する理解を持ち、適切なフィードバックを与える事のできる環境を整えるほうが個人に問題を背負わせるよりよっぽど有意義だと思う。